小心者でも言いたいことがある。

公務員として働いていましたが、うつ病になりました。

アラサー(腐)女子、うつ病になる。

はじめまして。

中瀬一菜と申します。

某所で公務員として働くアラサー女です。

 

どこにでもいる、平均的な女。

人よりはちょっと学歴があって、職業を羨ましがられる。

その程度の普通の女でした。

ちょっと腐った頭脳を持ってしまい、見目麗しい殿方たちを掛け算して遊ぶことが至福なのは、この際置いといて。

 

そんなわたしは、うつ病になってしまいました。

 

主な症状は、

・朝起きられない

・異常な疲労感

・泣きたくないのに勝手に涙が零れる

・好きな物に関心がなくなる

でした。

 

休み休み仕事には行けていましたが、週の半分も出勤出来なくなってしまい、意を決して精神科へ。

即日数か月の休暇を要する旨の診断書が発行され、病気休暇と相成りました。

 

アラサー女、彼氏なし。

ぼんやり夢見ていた、ステレオタイプな家庭を築くこと。

脚本家になって公僕なんて辞めてやらぁ!と意気ごんでいたこと。

なにもかも、この病気のせいで終わったと思いました。いや、思っています。

 

で も 、く や し い 。

 

 

この経験を文字に起こして(幸い、文字書きを志望しているので苦痛ではない)、こんな人が滅多にならない病気をしてるんだから、なんのためになるか分かりませんが、書き残してやろうと思ったからです。

最高に悔しいから、ほぼ腹いせです。

なんで私がこんなことで泣き寝入りして人生諦めないかんねんフザケンナ!転んでもただでは起きへんぞ! 気力と根性だけで書いています。

 

公務員の方、うつ病で苦しんでる方、アラサー(腐)女子の方、彼氏なしの方、気合と根性で生きている方…誰かの目に留まって、何かの足しになれば幸いです。

 

これからは、元気があるときに、病気のことを中心に書いていこうと思います。

はじめましての挨拶にしては長くなりましたが、ご覧いただけるのは何かの縁。どうぞよろしくお願いします。