小心者でも言いたいことがある。

公務員として働いていましたが、うつ病になりました。

小心者でも言いたいことがある。

感情の浮き沈みはあって当然だと思うの

こんにちは。中瀬です。

今日は感情の浮き沈みについて気づいたことをまとめたいと思います。

 

 

うつ病特有の憂鬱な気分を治していくんだけど…

病気といえるには

意識していなくても、自動的に浮き沈みする気分。

うつ病と言えばまさしくこの症状ですね。上手く説明できないし、なんでこうなるのかもわからないけど、暗い気分が一日と言わず長い間続く

ただ普通の「嫌な気分」とはちょっと違う。

たとえば、他人から嫌なことをされたときや叱られたときのその場一瞬の感情は、うつ病でいうところの「気分の浮き沈み」の「沈み」には該当しない。そういう「その場一瞬の感情」をもっともっと煮詰めて濃度を高くしてそれが長時間続くのが、うつ病の気分の落ち込みだと思ってる。

 

おのれを知る

そういう諸症状に対抗するため、抗うつ薬を飲んだり、カウンセリングを受けてみたり、その他諸々治療を受けていくのですが…

ただ諸症状を無くすことだけが目的のではなくて、自分の身体のいろんなサインを知ることも必要なんだろうなと最近気づきました。

たとえば、頓服としてお薬を持たされたとき。気分が悪いなァと思ったら追加で飲んでね、と指示を受けているけれど、この「気分が悪いとき」をちゃんと察することができないと、頓服を飲もうと思っても飲めない。

しかし、うつ病にまでなってしまった我ら患者は、こういう感覚がすごく鈍いと思うのですがどうなんでしょう。わたしはめちゃくちゃ鈍くって、最初はさっぱり分からなかったよ…

 

 

自分が分かりませぇン!(発狂)

すべてを疑問に思ってしまう抜けられないループ

この自分の感情や気分の波を気づけないってかなり致命的でした。

普通だったら、疲れたな・シンドイな・痛いな・苦しいなってときに、すっと読み取れて、そのままブレーキをかけて身体を止めるなりなんなりできるんでしょうけど…

わたしの場合は、その身体の限界値を超えて動くことがデフォルトみたいになっていて、どこで止めればいいのかさっぱり分からないんですね…バカみたいな話ですけど、わたし本気ですから!シンドイときでも「ここで止めたら甘えとか言われない?」とか「どこまで頑張れば、頑張ったって言えるんだろう」とか考えたり…

その結果、気分の上下とか感情の浮き沈みを読み取ったり、これから気分が下がりそうだなとか感じ取ったり、そういうのが非常に下手くそでした。

上手く読み取れるようになったのは、病気休暇の期間をとうに過ぎて、病気休職に突入してしばらく経ったころです。最近ともいう。

何か具体的に対策を講じたわけでもなく、ただじっと落ち着いて身体の状態を観察するようにして、ちょっとずつ勘が戻ったって感じ。

 

読みとれるようになったらなったで怖い!

これで普通の人間っぽくなったのですが…これはこれで怖いのです。

頑張って療養して、薬飲んで、生活記録表書いて、気分の波を読み取れるようになって…治療の目標は憂鬱な気分の回復ですから、逆に波を感じることによって、「あれ?ワシまた悪くなってる?」と思うのですね。

これがもうすごく焦る!

せっかくここまで来たんだよ~~~逆戻りマジ勘弁してくれ~~~!って感じ。ちょっとのことでビクビクするようになりました。

f:id:me10s2ct:20180928204727j:plain

でも、ある日職場のカウンセラーさんとお話していて気付きました。

普通に元気で健康な人間って、気分の波があって当然だよなと。

怒ったり、落ち込んだり、悲しかったり…そういうネガティブな感情はあって当たり前。そういう波まで病気が生んでいるモノと勘違いしていないか…?

我々が治すべきは、病的な気分の上下・感情の浮き沈み(上の章でで触れたような)であって、健康な人間の感情はあってしかるべきなんですね。ロボットじゃあるまいし。

 

 

健康に人間らしく

ということは、気づくべきなのは、

  • 今の自分の気分の上下・感情の波
  • この気分の上下・感情の波は、病気によるもの? 普通に健康的な人間なら感じて当然のもの?

ということになる…!(悟り)

身体の限界突破して動き回ることは簡単に出来るんですが(それはそれでダメ)、こういう身体のサインに気づくのは…難しい…わたしはもうちょっと訓練しないとダメみたいです。

なんとなく、今感じているのは、直感って結構正しいんじゃないのか説です。

なんとなくふっと思うことあるじゃないですか。あー、つかれた、とか。あれって結構その通りなのかもしれないと。この程度で怠けてるとか、サボりたいだけだろとか、そう思って一蹴していましたが…ちょっと本気で聞いてみようと思っているところです。

…多分、普通に元気ならこんなに小難しく考える必要は無いんでしょうね。健康で元気に治りたいなァ~~~!