小心者でも言いたいことがある。

公務員として働いていましたが、うつ病になりました。

小心者でも言いたいことがある。

Sさんへ

Sさんへ

 

うつ病から二年半の休養を経て、職場に戻ってきたわたしは、さぞ触れにくい存在だったでしょう。

わたしはあなたの可愛らしい笑顔が私は好きでした。笑顔が良く似合う女性だと思います。コツコツと仕事を進める姿は、とても格好良かったです。控えめなその性格故、声もチンマリとしていたけれど、毅然と応答する姿は、確かに公務員でした。わたしよりかはずっとちゃんとした公務員でした。

そんなあなたが、お休みすると聞きました。

病気休暇としか聞いていませんが、おそらくわたしと同じような手順でお休みを得たのでしょうね。

「お休みする」と聞かされる側に初めてなりました。なんてアッサリしたものなんでしょう。ちょっと驚きました。話の話題は仕事の分担。それだけ。あなたを気遣う言葉は出ませんでした。いいえ、出なかったというより、出さなかったのでしょう。どちらでもいいことですが。

わたしはあなたに何もしてあげられませんでした。できたのは、気遣うことだけ。声をかけることだけ。ひとつのハーブティーのパックを手渡しだけ。ごめんなさいね。でも、わたしもあなたに何かをしてあげられるほど、余裕はなかったし、そんなエライ立場でもなかったのです。まだ、うつ病は寛解していませんから。むしろ、症状としてはあなたよりも重いかもしれないから。立場としてはあなたよりもずっとずっと下だから。

だから、せめて、どうか、何も心配せずに心穏やかに、ただただ休暇を過ごされますように。

どんな病気を患っても、あなたがあなたであることは変わりません。何も変わりません。変わるのは、頭の中にちょっと上手く生きるコツをインプットすることだけ。あなたの人生はこれからも今まで通り続くし、いろんな未来が待っているのも変わりません。

だから、ゆっくり休養して、また元気な姿を見せてください。

どんな病気でも治すのは大変です。辛いことです。でも、絶対に諦めないで。辛いことを承知で言います、病気と戦ってください。

ぜんぶ乗り越えたあなたとあなたの素敵な笑顔に再会できる日を、待っています。