小心者でも言いたいことがある。~公務員として働いていましたが、うつ病になりました。~

地方公務員として働くアラサー腐女子。典型的パターンでうつ病を発症してしまう。悩み藻掻きつつも幸せを掴みたい。日々の奮闘をまとめます。

小心者でも言いたいことがある。

河野大臣頼む!地方公務員も助けてくれ!!!

こんにちは、中瀬です。地方公務員の処遇改善――特にサービス残業について提言します。(小声)

 

 

まずはこの現状を見てほしい…スッ

 

 この…拡散力の無さ…!!!!!!(号泣)

みなさま投票ありがとうございました!…!!!!!(土下座)

ではなくて、サービス残業の有無のアンケートですね。わずかではありますが、それでも残念ながら「サービス残業やったことがある」派な地方公務員が多数派となってしまいました…

出先よりも本庁が酷いというのは弊社だけではなく、他でも同様のようですね。リプで教えていただきました。ありがとうございます。

中瀬さんのおもしろ体験談・伝聞情報をお届けすると…

  • 40代中堅職員。自分に支払われる残業代は高いからと言いつつ、後輩職員に残業代を付けさせるところを中瀬さん目撃する。所属の人件費がそもそも足りていない件。なんでやねん!お馬鹿か!
  • ノー残業デーの水曜日。それでも残業しないとヤバい中瀬さん。「じゃあ残業付けなきゃいいじゃん」となる。謎理論過ぎてどいつもこいつもお馬鹿か!
  • 伝聞情報。40代中堅職員。まさかのてっぺん越えからの朝日を拝むほどの残業をするが、サービス残業。(数年経っても忌々し気に言っておられました。)

思うに、いまの中堅職員さんあたりが一番悲しい状況だと思います。わたしが入庁したあたりから(労働組合が脅しまくって)徐々に改善されていった感あるので。それでも、サービス残業発生しちゃいますけどね……

 

 

全公務員の希望の星

 河野大臣ホントマジで有能すぎて泣ける;;;;;;

いやでも中瀬さんあなた地方公務員でしょ(あれ?言ってましたっけ?)って話なんですが、いやいやちょっと待ってくださいよ。

地方公務員のみんなを縛っている規則というのは、だいたいお国の焼きまわしです。それは、法令的に地方公共団体にも規定義務があったり、推奨されたりするものはありますが、とにかく真似たものが多い。

例えば、お給料。人事院の発表に合わせて、自分のところも上がったり下がったりしませんか? そういうことです。

ということで、わたしは、河野大臣のもとで国家公務員のサービス残業がなくなれば、地方公務員のサービス残業も無くなる可能性があるのではないかとみています。

こういう大事たところこそ、そっくりそのまま真似してくれ!むしろ!

いやぁ、河野大臣ご本人とは言わない、側近の方とか、そこの職員の方、わたしのブログ見てくれないかなァ…! 地方公務員も酷い状況なんですよー!(絶叫)

 

 

サービス残業は悪い文明って言いきってよ

サービス残業って本当に悪。人の善意にただ乗りして貪って、図々しいったらありゃしない。コスト管理がまったくなってない。頭のいい人が公務員になってるはず。ちゃんと電卓叩いて人件費に付けて予算計上してくださいよ!!!!!

この、人材を使い捨てるようなカンジ、本当に日本の悪い風習。無くなってくださいマジで。人を大事にしてよ、その人の人生を尊重してよ。

しかし、河野大臣が動いてくれるなら…ちょっとは希望がある……のか?

この記事をご覧の地方公務員のみなさん、よろしければコメント欄に「ウチのサービス残業はこんなだった!」みたいな体験談、つけていってください。(たくさんたまったら河野大臣にDMしておくよ、できるかどうか知らんけど)