小心者でも言いたいことがある。~公務員として働いていましたが、うつ病になりました。~

地方公務員として働くアラサー腐女子。典型的パターンでうつ病を発症してしまう。悩み藻掻きつつも幸せを掴みたい。日々の奮闘をまとめます。

ぜんぶコロナが解決してくれる。知らんけど。

こんにちは、中瀬です。例の女性蔑視発言とか、最近考えてることをまとめます。

 

 

嗚呼、世の中はクソ

中瀬さん的には、ああいった発言に対して特に何も思いません。

「あ~、またかぁ~。ふぅん。で、今日の晩御飯どうしようかな~」くらいどうでもいい。

というのも、世の中の人間大勢分の1にすぎないわたしが、ミジンコ魂を燃やしてぎゃーこら言ったところでどうにもならないし、というかこういうった類の発言にはもう諦めを覚えているから。

わたしの知ってる世界はこういう世界。

正直者が馬鹿を見る。間違ったことが堂々とまかり通る。頑張ったら頑張っただけ損。不公平で不条理で不平不満に満ちている。

30年近く生きてきて、だいたい此の世の仕組みがわかりました。正義や権利や理想をお勉強したところで、外に出ればそんなものは1ミリも叶っていなくて、世の中はそういう二面性ででき上っているんだ、それくらい何にも期待していない。

だから、わたしは自分が実際に被害に遭っても*1、「まあ、こんな世の中だしな」くらいで流してた。どうせこんなもんでしょ。

 

 

期待の新星「新型コロナウイルス感染症」

でも、なんとなく今回の「ご発言」は、ちょっと世の中の空気感が違うかなァと思ったり思わなかったり。

わたしは、たぶんコイツの存在がデカいと思う。未だに猛威を振るう新型コロナウイルス感染症

(ちなみに中瀬さん的には、外出制限食らって実害を被っているので、さっさと沈静化しやがれくそったれとめちゃくちゃ怒ってる。これはどうでもよくない。

奴の存在は人間の生き死にが関わってくるし、悪い奴と思う。

だけど、奴のおかげで、このカチコチに凝り固まった保守大好きわからずや社会・日本が、大きく変わったと思っている。

それは、リモート出勤であったり、

それは、脱ハンコ社会であったり、

それは、キャッシュレス決済だったり、

それに伴うさまざまなモノの電子化であったり……

目には見えない小さなウイルスのおかげで、多くの人が望んだ便利な社会が一気にやって来た。それは、たまたま、結果的に、意図せずしてだろうけど、奴のおかげでこの国の社会が少し形を変えた。

わたしは、新型コロナウイルス感染症が、希望の星だと思う。いや、ノアの箱舟的なシンボルだと思う。もう、奴以外に、この国を変えるキッカケはないんじゃないかな。

 

 

真の平等を、権利を

新型コロナウイルス感染症さん、ここでもう一働きしてくれませんかね。いまだ日本社会に蔓延る女性蔑視っていう慣習を取り払ってもらえませんかね、こう、なんかいい感じに。あまり人死にが出ない形で、丸く収めていただいて。

それから、この国の人間は、あまりにも人を甘く見過ぎている。ひと一人使うことを、そのへんの犬を使うことと同じくらい軽く考えている。人はみんな平等で、みんな同じ権利を持ってるんだよという、基礎中の基礎を叩き込んでやってくれませんか。

そうそう、どうにも権利意識が低すぎる。やはり、ろくに血も流さずに、外国の真似をして背伸びをしたあの頃の付けが回ってきたんでしょうか。国民の血肉に染みついていないんです。いかに尊くも脆い、それでいて何よりも貴重なモノを得られているか、叩き込んでやってください。

なーんてネ。

マスク生活は飽きてきたけど、わたしはちょっと楽しみですよ。今度はこの国の何を変えていってくれるんだろうって。もっとぐちゃぐちゃにしっちゃかめっちゃかになってほしいとも思う。羽化前の蛹みたいな感じに。いやもちろん、羽化してほしいですよ。マスクしなくてもいい日々、来ないかなァ。それはそれとして、そのころの社会の在り方はどうなってるかワクワクしますね。

これからも新型コロナウイルス感染症の活躍に目が離せません。

 

*1:セクハラくらいだったら両手では数えられないくらいあるし、差別的な不愉快な思いをしたことなら星の数ほどある。だいたいみんなそういうもんじゃない?