小心者でも言いたいことがある。~公務員として働いていましたが、うつ病になりました。~

地方公務員として働くアラサー腐女子。典型的パターンでうつ病を発症してしまう。悩み藻掻きつつも幸せを掴みたい。日々の奮闘をまとめます。

まさかの就活中止!?職業訓練校卒業間際に主治医の放った一言がヤバい

こんにちは中瀬です。まさかの一言に驚きを隠せないので忘備録としてメモします。

 

 最近の中瀬さんは~?

そりゃもう、課題に押し潰されて死にそうです。

半年とはいえ、あっという間ですね。職業訓練も残すところあとわずか。卒業までに履修すべき事柄がドバドバ降ってきて、あれの締切りはいつ、それの試験がいつ…となかなかにハードな日々になってきました。

最近だと、一週間毎日居残りでしたね…ちょうどデスクトップPCが故障して修理に出していることもあって、学校のPCでひたすらに作業、作業、作業…

とりあえず、終わらないと思った課題も無事に終わり、一区切りついたところです。まあ、まだまだ課題はあるんだけどね。

 

 

主治医「もう就活しないで~~~」

そんな中、ちょうど通院日だったのでいつもどおり病院に行ってきました。

調子としてはいつも通りなので、特に問題もなく、普段通りの処方をしてもらって帰るだけ。

診察の終わり際に、職業訓練のお話になったので、もしかしたらクソ田舎を出ることになるかもしれないことをお伝えしました。

中瀬「ということで、クソ田舎にはグラフィックデザイナーの求人がないので、都会に出るかもです」

主治医「でしょうね~。その場合でも大丈夫ですよ、安心してくださいね」

中瀬「よかった~~~」

主治医「でも、こんなご時世に都会だなんて…もう中瀬さん就活しないで障害年金貰おうよ~~~

中瀬「!?」

こんなご時世というのは、コロナウイルスが蔓延している今のことを指しています。

クソ田舎でも絶賛蔓延中でして、なかなかに地獄絵図な状況。そんな中、わざわざ都会へ就職なんてコロナに罹りに行くようなもの…ということで、わたしの身を案じてくれたのでした。

そりゃそうだよね~~~

我ながら、わざわざ都会に行くのはどうかしてると思うけど、グラフィックデザイナーになりたいのになれないのは悔しいよぅ…

でも、主治医のいうことも良く分かる。おのれ、コロナめ、ここにきてまだわたしの行く手を阻むとは許せん。

 

 

これからどうしようかなァ…(遠い目)

とりあえず、職業訓練学校は卒業するとして…その先、どうしたものか。

実は、わたしまだワクチンの予約すらできてない状況でして。

副反応がもし出てしまって学校を休むことになったら…それだけでも別の意味で命取りになるくらい課題の進捗が遅れるのです。そうなっては目も当てられない…毎日ギリギリなのに…ということで、ワクチンは打たずに卒業まで乗り切ろうと思っている次第です。

なので、当然にまだ就活も全くしていません。なんとなく、はハローワークの求人をお家からボーっと眺めている程度。応募などは一切していません。ああ、こんなので大丈夫なのかな…

とりあえず、とりあえず、卒業。まずは、卒業。

それから、ワクチン。

ここまで揃ってようやく就活開始。

こんなカンジでひとつずつやっていくしかなさそうです。これは時間かかるぞ…

マジで障害年金検討しようかな…ヒヤヒヤするぜ…大丈夫か、わたし…

 

全く、本当にやってくれるな、コロナめ。

みなさまは変わりなく元気でお過ごしでしょうか。

マスクは不織布ですよ。ワクチン打ちましょう。密を避けてステイホーム。引きこもり万歳です。ふんばりましょうね。