小心者でも言いたいことがある。

公務員として働いていましたが、うつ病になりました。

うつ病になった女は結婚できるのか?【追記有】

こんにちは。中瀬一菜です。

今日は以前に記事にもまとめたうつ病女の婚活について、もうちょっと深く掘り下げつつ調査もしつつの、主観だけに偏らない記事を改めてまとめてみることにしました。

ちなみに過去の記事はこちら。

me10s2ct.hatenablog.com

最後までお付き合いいただけると幸いです。

ー目次ー

  

 

1 うつ病女の絶望

うつ病になったくらいで何を大げさな…余命を宣告されたでもあるまいし…でしょうけれども、実際に精神科に勇気振り絞って行ってド緊張の中「うつ病ですね」なんて言われてみてくださいよ、マジで絶望するよマジで。

うつ病への世間に蔓延るあんまり良くないイメージが襲い掛かってきて…

仕事を休まないといけないとかお金どうしようとか…

このまま引きこもりまっしぐらなのか???社会復帰できるの???とか…

う~~~ん、控えめに言っても、やっぱり絶望なわけで。

というか、うっすら思い描いていた人生設計がガランガランと崩れ去るわけです。誰だって何歳までにアレをしてコレをしてって考えてるものじゃないですか。それがもう一瞬にしてまっさらです。更地です。

 

腐っても一応女ですから、いや女だからっていうのもアレですけど、結婚だとか子育てだとか、そういうものに憧れてたし実際に叶えてやろう!って思ってました。

けど、それもまた、まっさらの更地です。

じゃあちょっと仮定の話をしたとして、うつ病の症状が治まって、寛解しましたよって言われたとする。この状態になったとして、結婚だとか子育てだとかできるのか???

…ああああ絶望感がわたしを襲います。ああああこれ以上考えるのはよします。

 

とはいえです。考えないようにしても、結局定期的に悩んでしまうんですよね。我ながら一々面倒くさい奴だ…

ここはいっちょ、自分で考えても結局堂々巡りで何にも解決にならないので、ここはひとつ行動して調査をしてみることにしました。

我ながら男前ですね。ええ、そこら辺のなよっとした男性には勝る男前度だと自負しております。

 

 

2 わたしは本当に運が良かったのか?ネット婚活再チャレンジ

以前の記事で、わたしはとりあえず出会えました・しかも病気も理解してくれましたとお話しましたが、これってほんとうに私の運が良かっただけなんでしょうか?

誰でも一定の確率で出会えるのではないでしょうか?そう、病気に対してどうも思わない勢がいる的な。

ということで、私が前回使用したネット婚活アプリとは違う別のモノを使用して、出会えるのかどうか実験してみました。

今回使用したネット婚活アプリはこちら。

 その手のアプリの中では大手のタップルです。とりあえず、一通り登録をして(このアプリはなんと顔写真掲載必須です)男性の出方を伺いました。

 

調査1 うつ病であることをマッチング後に伝えた場合

まずはわたしがうつ病であることを伏せて、マッチング後1日会話を続けたのちに、打ち明けた反応を見ることにしました。

結果は…言葉の上でははっきり拒否はされないけど実質拒否です。

  • 友達募集のつもりだったんだよね~と予防線を張られる
  • 気にしませんよ!と言いつつ音信不通
  • 不快なことを言ってたらすみませんと気遣いつつ音信不通

…って感じです。

わたしとしては、打ち明けた瞬間に既読無視で速攻ブロックされると思っていたので、男性の出方が案外オブラートに包まれていることに驚きました。

 

調査2 プロフィールにあらかじめうつ病の旨を記載した場合

では、ここは正直に最初っからうつ病です!とプロフィールに書いたらどうなるんでしょうか。

ここで、男性側からのアプローチ数の推移を見てみましょう。調査っぽいですね。

f:id:me10s2ct:20180525232803p:plain
オレンジ色で囲っている部分が、プロフィールにうつ病の旨を記載した期間になります。記載する前の期間と比べると、明らかにアプローチ数が減っています。

※空白になっている部分は、ちょっと横着してしまい、アプローチ数のチェックを怠ってしまいました…

ちなみに、オレンジ色の枠の期間の中で、マッチングした人はいませんでした。この間は、年下とか、ずっと年上の人か…そういう人たちからのアプローチが中心でした。やっぱり同い年あたりの人たちはほぼいなかったですね…

 

中間結果

最初の婚活アプリでの出会いは、とっても運が良かった…!!!

あと、男性は意外とオブラートに包んで接してくれる。

うつ病治療中の段階では、出会えません。マジで。そんな聖人君子みたいな人、そうそういませんから。よっぽど病気以外の所で、お相手の方にとってプラスになるような条件(めちゃくちゃ美人とか、めちゃくちゃ趣味が合うとか…)がないと、まず無理じゃないかなと思います。

 というかです。この調査期間中、すごく調子が悪かったです。めちゃくちゃ気分が落ち込みました。やっぱり、顔の見えない他人とはいえ、気を遣うんでしょうね。正直、途中で止めたろかと思ったりしました。

婚活は、元気になってからやりましょうね。(戒め)

 

 

3 ここで第三者の意見を募ってみよう

 婚活アプリでは、男性側が意外とオブラートを包んで接してくれることが分かりましたが、実際の第三者の声はどんなものなんでしょう。

わたし、ぐいぐい攻めていきますよ。こうなったらとことんまで調べつくす所存です。

調査3 実際に質問してみた場合

某意見掲示板に質問を出すことにしてみました。

ご覧いただきありがとうございます。

うつ病(などの精神疾患)に現在患っている・過去に患っていた女性が、婚活することについてどう思われますか?
そういった女性と結婚できますか?
※婚活を原因に精神疾患になる・なったという意味ではなく、仕事や家族など婚活以外の理由で患っている・患ったことを前提に質問しています。
男性を中心にした質問になってしまいましたが、女性からのご意見や体験談も伺えれば幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

 こんな感じに質問を出しました。

寄せられた回答をひとつひとつ紹介するのもアレなので、ざっくりとまとめてしまうと…

  • うつ病治療中に婚活とか、体調面で無理でしょ
  • 婚活は条件で選ぶもの。うつ病で治療中な女は選ばれない。
  • うつ病が治ってから婚活しろ

という感じ。ド正論を直球で投げてくるあたり、日本人は世間様にはすっごく厳しいなぁと思いました…

なんというか…私が聞きたかったのはこうじゃないねん感がすごいですが、上記のように質問を出したら、うつ病で絶賛治療中のことにたいして回答が集まりましたので、きっとうつ病寛解した後は自由にすればいいじゃん・自由にできるでしょって感じなのでしょう。

やっぱり、うつ病を患ったことのない人は、そういう字面だけで考えるんですよね…

いやそうじゃない、一番辛いのは、人生そのものに絶望してることなんだけど…恋色沙汰を望んでるのではなくて、その先の人生の可能性を憂いているのだけれど…

ここらへんで温度差をすごく感じました。結婚できる云々は確かに聞きたかったけれど…助言されておきながらなんとなく気分悪かったです。なんだか恋に恋する頭の中に綿菓子でも詰まってる女と思われたみたいで。マウント取られて話されてるって分かるんですよね。それがかなりカチンときた。

…そんなちょっとな~と思うところのある回答が多い中、優しい言葉があったのもまた事実です。

  • 精神疾患があっても結婚はできたぞ、頑張れよ
  • 病気があろうとなかろうと、結婚できるかどうかは分からんもの

確かにな~~~ 病気があろうとなかろうと、じゃあわたしは結婚できるんですか!?!?!?ってそりゃ知らんがなというか、どうあろうと結局は同じ可能性の話なんですよね。

 

 

中間結果その2

お先真っ暗になる感覚、この病気になったことがない人というか、感じたことがない人には、なかなか理解されないのでしょうね…そりゃそうか…わたしだって経験していないことや見聞きしていないこと以外は想像が及ばないもんな…

こういう問題は、他人の声なんて、当てにしてはいけないと再度確認できました。

もちろん、優しい言葉をかけてくれる第三者はいるとは思いますが、それを期待して相談するのはリスキーです。

やっぱり人生人それぞれ。細かな人生の分岐で他人の意見を参考にできることはあれども、長期的な視点に立った場合の可能性の話はわたしだけにしか当てはまらないこと。こういうところで他人の意見を求めるのはちょっと違うなと思いました。

あと、時と場合にもよるでしょうけれども、仮に他人に意見を求めたいとしても、自分と関係の全くない第三者から意見を聞くなんて止した方がいいと思いました。日本人の気質というか、他人にとっても厳しいです。責任もなにも取ってくれないのに。真に受けやすい人は、落ち込むだけだから、悪いことは言わないから知人に聞くのをお勧めします。

 

 

4 何はともあれ、寛解を目指そう

 定期的に自分の人生に絶望して、これから先の未来は真っ暗だ~~~と頭を抱えるのですが、なにはともあれ今一番大切なのは、さっさとうつ病の症状を落ち着かせることなんですよね。

しっかりお休みして、気分を整えて、自分が好きなモノを好きと感じられるように日々を楽しく生きるのが最優先なんだなぁ…

もちろん、元気は無いけど出来ることって人それぞれだから、婚活アプリで他人等交流してた方が気が楽って人もいるでしょうけど、わたしはちょっと駄目だった。

というか、元気にならないと、職場復帰もできないし、趣味を楽しむこともできないし、塞ぎ込むばっかりです。その先の未来だって、分からないままなんですから。

そう、婚活だって、元気になればできるんだから。病歴は残ってしまうけれども。それはそれ、これはこれ。実際に問題にぶちあたったときに思い切り悩めばいい。悩みの先払いは止めましょう。マジで。

結婚できるかどうかは、病気のこと以外にもいろいろとね、あるじゃないですか。だってそもそも病気になってなくても結婚できないかもしれないんだぜ。病気云々置いといて、自分という人間の魅力を考え直した方がずっとマシだと思いました。

あと、ほんとうに悩んでて、どうにもこうにもならん!苦しい!なら、身近な人に頼って打ち明けましょうね。貴方様のことを想ってくれる人から、真剣なご意見を頂戴するべきですね。相談する人を間違えないようにするのも大事。

今回は、「中瀬一菜」という名前や私の本名は伏せて調査をしましたが、ここで言ってもアレですけれど、ご協力というかアプローチや回答を寄せてくれた皆さん、ありがとうございました。胸糞とか言ったけど…それとこれとは別なんやで…!

 

ということで、最終結

とりあえず、うつ病の症状を落ち着かせよう!話はそれからだ!

結婚云々は正直分からんが(病気してなかったら結婚できとったかって…そりゃまた別の話じゃん…?)、結婚したいなら努力して信じるしかないんやで!

 

 

 

追記 調査3を公開します

たくさんの☆やアクセス、ありがとうございます。

ちょっといろいろと考えていて、特に調査2は色々ときつかったので、時間を見て質問を削除しようと思っていたのですが、なんだかそれもちょっと違うと思いまして…

このブログ自体、わたしの悩み癖を良いように活用して思考の痕跡を残しつつ、さらに誰かのお役に立てたらいいなと思って始めましたので、調査2の質問を公開します。

うつ病になった女性の婚活について : 恋愛・結婚・離婚 : 発言小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

※きつい言葉や意見が書かれてありますので、ご覧になる際はご注意くださいね。

厳しい意見もありましたが、上記で少しご紹介したように優しい言葉もありました。体験談の記載が多いので、わたしのように「可能性」という意味で悩んでいる方にはオススメかと。

どうぞご査収くださいませ。