小心者でも言いたいことがある。

公務員として働いていましたが、うつ病になりました。

小心者でも言いたいことがある。

テンプレートの年賀状って味気ない。画像を楽しく大雑把にいじってオリジナルの一枚を。

こんにちは。中瀬一菜です。

そろそろ世間は忙しなくなる時期ですね。年賀状の準備はお済でしょうか。テンプレートをダウンロードしてするのも良いですが、自分で作ってみるのも楽しいですよということで、ハウツー年賀状製作についてお話します。

*PC作業向けです

*画像処理ソフトの使い方については説明省略しています

 

 

年賀状を自分でイチから作るという発想

パソコンを持っていなかった頃…小学生とか中学生のあたりは、手書きでイラストを描いて送ったりしていました。はがきサイズで書くのって結構大変で、人物なんて書こうものなら割と手先が器用選手権なんですよね。

 かといって、Googleで「年賀状 テンプレート」って探して、もしかしたらどこかの誰かと丸被りするかもしれない出来上がったモノを使うのはちょっと味気ない。

作業感すらある。とりあえず量産して出しとこかめんどいけどみたいな。でもしょうがないよなぁ。だって師走だもん。年越しのために色々と準備することがあるし…忙しいよな…

わたしは、手書き年賀状を卒業してしばらくは、テンプレート派でした。可愛いモノを選んで、一言挨拶を書くパターン。

ですが、ここ数年は、自分で全部作っています。

 ちなみに、去年2018年用に作った年賀状がこちら。

f:id:me10s2ct:20181217112840j:plain

白紙の状態からここまで作ってあります。もちろん、テンプレートじゃないよ! とりあえず、年賀状は干支をモチーフに作るのがポリシーなので、自分で撮った犬の写真を使っています。背景のお花はわたしが書いたわけではなく、フリー素材になっている画像を拝借しております。へて。

なんだかすごいことをしてコレが出来上がったのではなかろうか…と思われそうですが、かかった費用は0円だし、使った素材やソフトウェアも無料のモノだけ。特別な操作は一切していないし、かかった時間はせいぜい1,2時間です。1,2時間って長そうに思うかもですが、テンプレートの年賀状を探しまわるのもこれくらいかかりませんか…? 同じくらいの時間をかけるなら、わたしは自分が100%これだ!と思えるものを使いたい。

ということで、オリジナル年賀状の作り方をそっと布教したいと思います。

 

 

使ったモノをご紹介

1 ソフトウェア

まずは、画像編集のソフトウェアをご紹介します。

AzPainter2

フリーソフトですのでもちろん無料。ちゃちゃっとダウンロードすれば即使えます。わたしのPCはwindows10ですが、問題なく動いてくれました。

わたしがこれを選んだ理由はこんなかんじ。

  • レイヤー機能がある
  • そもそもの画像編集の機能が多すぎない
  • 専用のウィンドウ(筆や色選択)がコンパクトで見やすい

端折って言えば、丁度いいからです。Microsoftのアクセサリーにあるペイントでは機能不足。ペイント.netでは、ペイントで慣れた人間には使いにくい…パレットがいきなり本格的になってて訳が分からない…

ということで、丁度いいこれをわたし的にはお勧めします。

※具体的な使い方はここでは省略。詳しくはこのサイトが良いと思う。

 

2 素材検索

そして、無料の素材を集めるサイトをご紹介します。↑で示した例の年賀状でいえば、背景のお花の画像はすべてお借りしたモノです。これらを集める場所、というわけです。

www.pixiv.net

pixivはイラストや漫画、小説の投稿サイトなのですが、実は素材を集めるうえでもとっても重宝するのです。

お絵かきをするうえで、お洋服の柄ですとか、背景のアレコレですとか、そういうのをイチから描くのは大変。イラストを描く人向けに素材を投稿している方々がいらっしゃるのです。

pixivでは、タグによる検索機能がありますので、「フリー素材」で検索をするとたくさん出てきますよ。

ただし、こちらで見つけた素材を使う際には、投稿者さんの「利用規約」をよく読んでくださいね。改造や縮小等の編集の可否ですとか、クレジット(©ってやつ)の明記の有無、利用報告の要不要などなど…作った方によってルールはまちまちですから、そこは守って使いましょう。

pixabay.com

それからこちらは、著作権切れの写真やイラストを扱うサイトです。このブログでもよく使っております。アイキャッチ画像ではお世話になっております。

こちらは著作権切れの画像を扱っているので、気兼ねなく使えますのでお勧め。ただ、海外のサイトですので、日本っぽい画像は見つけにくいです。

 

3 フォント

もしかしたら気になった方がいらっしゃるかもしれませんが、例の年賀状で使っている文字は、フリーフォントを使っております。もともとPCの中に組み込まれているフォント(MS明朝とか…)では味気ないので、ちょっと中瀬さん頑張ってみました。

fontbear.net

www.flopdesign.com

fontfree.me

こういったところでしょうか。(Googleで「フリーフォント」で検索してみよう!)

こちらもpixiv同様、使用範囲などがフォント製作者さん毎に違いますので、自分の使用目的は該当するのか要確認です。

 

 

さぁ、自分でオリジナル年賀状を作ってみよう!

とりあえずアズペインターを開いてみよう

一通り準備が終われば、あとは作るのみ! さっそくアズペインターを開いてジャンジャン加工していきます。

…なのですが、実は最初の第一歩で割と躓きます。作りたいのは年賀状なのですが、残念ながらアズペインターではキャンバスの大きさをはがきピッタリに合わせるのが難しいのです。

f:id:me10s2ct:20181217120943p:plain

キャンバスの大きさの選択画面が、pixel単位なのです…㎝じゃない…もちろん、「サイズ:はがき」なんて選択肢もない…

ということで、わたし的にはとっても邪道なのですが…

f:id:me10s2ct:20181217121059p:plain

いったん、テンプレートの年賀状を張り付けて…

f:id:me10s2ct:20181217121131p:plain

消す!!!

…というのをお勧めします、というか実際にやっております。多方面にごめんなさい。

一番下の台紙代わりに置いておくと、今後の作業がすべてはがきサイズのまま行えます。我ながらとっても便利。

あとは、好きな画像を張り付けて、加工を施していくだけ。とっても簡単!

 

画像加工にルールはない

肝心の加工なのですが、これはぶっちゃけわたしも良く分かってない!(どーん)

加工には二種類あって…まずはアズペインターの中に組み込まれているシステムを使うモノ。

f:id:me10s2ct:20181217121828p:plain

アズペインターの「フィルタ」から黄色い丸で囲ったあたりの加工を適当に施すと、なんかいい感じになります。上側の丸は色の編集(色味を偏らせたり…)に、下側の丸は画像の見せ方(画像が揺れてるように見せたり…)の編集に使えます。

二つ目は、レイヤーの中でも画像の表現の仕方で色々と遊ぶことができます。レイヤーそれぞれに、そういった表現をするのかというのを選択できるようになっています。黄色丸の中のどれかを自由に選び、かつ青いバー(今は100となっている)で濃度も決められます。

f:id:me10s2ct:20181217122504p:plain

もう一度、例の年賀状を出して、この時私がどんな加工をしたのかをお話すると…

f:id:me10s2ct:20181217112840j:plain

犬の写真はそのまま乗っけてしまうと、お花の画像から浮いてしまって違和感がすごいので、「フィルタ」の中の「油絵風」を選択して加工しています。これで、リアルな犬がちょっとお絵かきで書きましたよ風になりました。あとは、写真のいらない部分をマウスを使いながらも消して、切取り部分が浮かないようにごまかして(犬の首のジグザク)います。

そして、実は犬の写真はこれだけでは終わらない。なんとなく、茶色だけではなく、いろんな色が入っているように見えませんか? これは、犬の写真の上に、テクスチャという種類の素材を張り付けているから。

ちなみに、テクスチャというのはこういうもの。お花の絵、みたいに出来上がった形がある素材ではなくって、重ねて表現することを前提とした素材です。なので単体だとわけ分らん素材なのです。落書きに見えないこともないけど、これが大事なんだな。

www.pixiv.net

今回の年賀状では、レイヤーの中の編集で「オーバーレイ」を選択し、濃度を落として(30%くらい?)作っています。こういうのを重ねるだけで、ぐぐっと仕上がりが良くなるのだ。

あとは、背景のお花ですが、これは普通に張り付けているだけ。レイヤーの中の編集で「上算」を選んで犬の写真と重なり合うようにしています。

最後の仕上げで、四角の枠を作って上げたり(アズペインターの機能でちゃちゃっとできる)、素材の重なり合いをみて消しゴムで調整したり、フリーフォントで適当に挨拶文を書いて終了です。

…難しい? いやいや、そんなことはない。適当にアズペインターを弄ってればそれっぽくなりますのでご安心ください。大雑把に、けど100%可愛くが、わたくしの年賀状作りです。

 

 

といいつつ、中瀬さん今年の年賀状作ってるんです???

はい、作ってます!!!今年ももちろん、アズペインターとpixivに頼り切って作りました。

f:id:me10s2ct:20181217124458j:plain

どうでしょう!?!?!? 結構イケてませんか???

そもそもの猪が猪に見えない…という気がしないでもないけど、とりあえず猪っぽい感じのシルエットだから気が付いてないふりをしています。

もちろん、全部フリー素材・フリーフォントです。いやぁ、今回の加工も楽しかったです。猪の絵は元は写真なのですが、アズペインターの機能で「フィルタ」→「カラー」→「2値化」を選んでモノクロに仕上げて、オーバーレイでテクスチャを重ねています。

猪がうっすら二重に見えるのは、レイヤーで同じ猪をそのまんまコピーして、レイヤーの中の編集で影を付けているから。あとの背景は適当に張り付けてあるだけです。

わたくしの年賀状はこう…白い部分が多いのですが、というのもセルフで印刷すると、はがきの縁まで色が入らないので…こうやって白紙部分を多くしている次第です。

 

今年も渾身の仕上がり。いい感じです。あとはちゃちゃっと印刷するのみ。年賀状はちゃんと買ってありますので。

なんとなく忙しない年末ですが、まったりゆっくり、大雑把に楽しく、こういうことをするのもなかなかいいモノですよ。

…ちなみに、上記の今年の年賀状、著作権は放棄しませんが自由にお使いいただいて結構です。ちょっとの編集(文章を買える&色合いを変える)ならOKです。時間がねぇ!年賀状なんてモン今思い出したわ!な方、どうぞ。