小心者でも言いたいことがある。

公務員として働いていましたが、うつ病になりました。

小心者でも言いたいことがある。

映画『ボヘミアン・ラプソディー』の感想~爆音&発声可上映まだですか~

こんにちは。中瀬一菜です。

今日は映画『ボヘミアン・ラプソディー』の感想をお話したいと思います。

 

 

基本情報

www.foxmovies-jp.com

映画のジャンル的にはなぜかミュージカルになってますが…いやそうじゃない。

ロックバンド「QUEEN」の結成からその後のアレコレのお話です。主人公はフレディ・マーキュリー。お話の間に、QUEENの楽曲が流れる感じです。

わたしは、洋楽はたしなむ程度なので完全なにわかでしたが、だいたい聞いたことがある曲ばかり。

フレディが主人公なのですが…同性愛的な描写はやっぱり付き物で…ちょっとびっくりするかもしれない演出もあります。

 

 

感想は言うまでもなく最高だった

映画評論家さんのインタビューをまずどうぞ。

主人公フレディを演じたラミ・マレックさんの演技が神がかり的でした。いや、わたしQUEENを良く知ってるわけじゃないけど…こりゃやべぇというのはすぐ分かった。とくにライブパフォーマンスのところは必見。にわかファンですが、なんとなく見たことがあるフレディにそっくりです。

それから、いまから見に行く人、とりあえずハンカチ握りしめて見てくれよな。わたし、途中で鞄から出すという痛恨のミスをしでかしたので。ラスト20分のパフォーマンス、絶対泣けちゃう。女性の方、目元はウォータープルーフで固めてくださいね。

なにが感動的って説明するのも非常に野暮。ネタバレにならない程度に、アマチュア脚本家の視点でお話したいと思います。

物語の構成はとってもシンプルだと思います。QUEEN・フレディの歴史を語るうえで、欠かせない要素だけを上手につなげてある感じ。テンポよくお話が進んでいきます。きっとリアルなQUEEN・フレディの歴史はこうじゃないんだろうけど、映画というエンターテインメントで見せる分にはこれが正解じゃないのかな。

なので、どうしても語り切れていない部分がいきなり繋がったり、なにがどうしてこうなった的な展開はあります。ご都合主義じゃね?的なヤツ。

ですが、よく言えば「観客側に色々と想像させる余裕」があるので、ご都合主義っぽい流れになっても色々と察してしまうわけです。それがまたとても良いのです。フレディという人間の在り方が見えてきて、それがまたラスト20分のパフォーマンスにかぶさってきて、ただでさえとんでもない演技なのにより感動的なモノになっちゃう。

そう、この映画は全部ラスト20分にむけて、ガガガ―ッと盛り上がっていく感じがするのです。

あまり詳細を行ってしまうとネタバレになるのですが、端的に言うと、でっかい数億人規模のライブなんですね、ラスト20分丸ごと。QUEEN側のパフォーマンスはめちゃくちゃすごいんですが、観客側の演出もまたすごい。ひとりひとり分かっちゃう。アッこりゃすげえ人口密度って。そんな大人数がQUEENの音楽聞いてめちゃくちゃ盛り上がってるんです。

わたしは見ていて思いましたよ。ワシも声出したいし手拍子したいわい!というか音量足りないんじゃないの!?!?!?ってな…お行儀よく座って聞くのはつらいですよこれ…

都会だと爆音上映とか発生可上映ってよくやってますよね。どこかの映画館さん、これは企画しないと勿体ないぜよ…みんなこれは盛り上がりたいって…

 

 

今すぐQUEENが聞きたくなるよ

あ~~~見終わって間もないのですが、今すぐにでもまた聞きたくなってきました。

Don't Stop Me Now

Don't Stop Me Now

  • クイーン
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
We Are the Champions

We Are the Champions

  • クイーン
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
Bohemian Rhapsody

Bohemian Rhapsody

  • クイーン
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 いまは便利な世の中で、上記はiTunesから引用しましたが、Amazon Music(プライム会員は無料で聞き放題のサービス)でQUEENは聞けちゃうんだなぁこれが…

今年の映画つまんねぇのばっかりだなぁオイと思ってたんだけど、とてもいい映画に久々に出会えたなぁ。QUEENを良く知らない人でもぜひ。最近泣いてないなぁという人もぜひ。ただ、見にいくときはハンカチを忘れずに、ですよ。