小心者でも言いたいことがある。

公務員として働いていましたが、うつ病になりました。

小心者でも言いたいことがある。

イーストドーナツを作りたい!

こんにちは。中瀬一菜です。

わたくし、非常に多趣味でして、お菓子・パン作りもその一つでして、時間と体力と摂取カロリーに余裕があれば、いろんなモノを作ってしまうのです。

 

今日は、先日からドーナツが食べたい欲が高まってどうしようもなかったので、イーストドーナツを作ってみました。

折角ですので、こういう場もありますし、レシピも共有させていただきます。

参考にしたレシピはこちらです。


ドでか!クリームパンダ/みきママ

…クリームパン用なんですけど、生地がすっごくおいしかったので、この生地でドーナツを作ったら絶対美味しい!と思いまして。

もちろん、みきママ様の上記クリームパン、最高においしいので、ぶっちゃけコッチの方を是非作っていただきたい…天板いっぱいの大きいクリームパン…きっと誰もが一度は夢に思ったであろう品です…最高ですよ…

 

何はともあれ。とりあえず、イーストドーナツ。

上記のレシピをちょっとだけ変えて作ってみましたので、材料や作り方をこちらに明記させていただきます。

 

 

材料(掌よりひとまわり小さいドーナツが12~13個分)

*生地

 ・強力粉 300グラム

 ・砂糖 40グラム

 ・塩 4グラム

 ・溶かしバター 60グラム

 ・ドライイースト 6グラム

 ・ぬるま湯 150CC

*その他

 ・お好みでトッピング用のチョコレート等

 

上記材料のうち、強力粉からドライイーストまでをボウルに入れます。このとき、砂糖とドライイーストは、離さないように入れてください。

②ぬるま湯を加えます。砂糖とドライイーストにかかるように入れます。

③手で捏ねていきます。まずは一塊になるように混ぜ、それができたら生地をもっちり・艶々に仕上げるため、5~10回叩きつけて2、3回捏ねるを繰り返します。目安は5分ほど。生地を手で伸ばしてみて、光が透けるくらい薄くできれば完了の合図です。

④ボウルの中で一次発酵させます。ラップをかけて1時間ほど放置します。最近は寒いので、ボウルをタオルで巻いておくと良いです。

⑤④の生地が、元の2倍ほどの大きさに膨らんでいたら、一次発酵終了です。指で生地を指してみて、穴が戻らなければOK

⑥⑤の生地を薄力粉を強力粉をはたいたテーブルに取り出して、生地を両手で上から押し、ガス抜きをします。*わたしは、一次発酵で使ったラップの上に強力粉をはたいておこなっています。

⑦最終的にどれくらいの大きさのドーナツにしたいのかを考えつつ、生地をいくつかに切り分ける。生地の上にラップをして、二次発酵をさせる。30分ほど待ちます。

⑧⑦の生地が一回りほど大きくなっていればOKです。適当な形に整えて、中火に熱した油の中へ入れて揚げていきます。*正確な温度までは計っていませんが、ゆっくりじっくり揚げるといい感じです。きつね色になれば引き上げて大丈夫です。 *なお、わたしは揚がった最初のドーナツを念のために割ってみて、中まで火が通っているか確認をしています。

⑧揚げている間に、トッピングの準備を済ませると良いです。チョコレートを使う場合は、器にチョコレートを入れて500Wの電子レンジで2分ほど温めると溶けてくれます。*1分ごとに様子をみると良いですね。

⑨揚がったドーナツに適当にトッピングを施して、完成です。

 

今回完成したドーナツはこちらです。

f:id:me10s2ct:20180203170711j:plain

掌よりもひとまわり小さいドーナツが、12、3個できました。

トッピングは、余っていたファミリーチョコ的なモノを、6個ほど使っています。

砂糖が少ないので、生地自体に甘みはあまりないです。チョコレートなどの甘いトッピングを合わせる分には、ちょうどよいと思います。

上記の材料では、卵を使っていません。本来のレシピだと、もちろん使うことになっているのですが全卵を使用しないため、中途半端に余るのが嫌で…その分溶かしバターを多めに入れています。

 

 

あまり料理はしないのですが、たまーにするときですら、揚げ物だけは絶対拒否するわたくし、ドーナツだと自ら進んで揚げていく始末…自分の欲望に忠実すぎますね。

今回はみきママ様のレシピを参考にしましたが、いつかは自分でレシピを考案できればいいなぁ…